国際パティシエの理事長からのあいさつ

技能連携

技能連携制度により、高等学校卒業資格が取得できます。

本校は平成28年度生より東海大学付属望星高等学校と技能連携しました。

■技能連携制度とは
通常、専門学校等で専門的な技術、技能を身につけるための教育を受けながら高等学校卒業資格を取得するには、さらに通信制高校や定時制高校で学習することが必要となり、学習の負担がとても大きくなります。
そこで、専門学校と通信制高校が連携し、技術や技能に関する授業を高校の単位として認めるというのが技能連携制度です。

■技能連携制度のしくみ
技能連携制度では、通信制高等学校が専門学校高等課程等と連携して教育を行ないます。
平成28年度以降の本校入学生は、本校に入学すると同時に東海大学付属望星高等学校にも在籍します。
本校の授業が、望星高校の科目履修としてみなされ、3年修了時に本校と望星高校の2つの学校を同時に卒業(=高等学校卒業資格を取得)することができます。

■東海大学付属望星高等学校とは
東海大学の付属校の中で唯一、通信・単位制をとる高校です。
望星高校による技能連携は、すべて連携する専門学校で授業を行うのが特徴です。(望星高校への通学の必要はありません。)
東海大学付属推薦制度による東海大学への進学も目指せます。

■国家資格と高卒資格のW取得が可能に
本校は、製菓衛生師や調理師の国家資格が取得でき、また、実際の現場の経験を積んだプロが授業を担当するので、専門的な技術を習得することができます。
国家資格と技能連携による高等学校卒業資格のW取得で将来の進路選択の幅が広がります。

東海大学付属望星高等学校ホームページ